レイクが突然使えなくなってしまったのはなぜなの?

お金が必要になった時にすぐに借り入れすることができるのが新生銀行のレイクですが、ATMで使おうとしたら利用が出来ない、或いはインターネットで振り込みをしてもらおうとしたら融資してくれないといった状況が生じることがあります。今回はレイクで利用停止になってしまう理由について見ていきます。

 

まず考えられるのは利用限度額に達しているという点です。
レイクでは自由に追加借入ができるので返済と追加を繰り返しているうちに、知らぬ間に限度額に達してしまっている可能性があります。一般的にカードローンでは限度枠内での借り入れしかできないので、こうなると返済をして限度枠が回復するまで利用が停止されることがあります。さらに返済という点では、遅延・延滞があると利用を停止されてしまう事があります。

 

これはレイクの返済だけに限りません。他社で借り入れしている返済が滞ると、信用情報にそのことが記録されてしまいます。そうすると他の金融機関もその情報を元に利用者に貸し付けるかどうかを判断しますので、他の金融機関の利用の仕方にも注意しましょう。

 

また、総量規制に達してしまっているという可能性もあります。総量規制とは利用者の年収の3分の1を超える借り入れが出来ないよう制限するもので、貸金業者はこれを超える貸し付けをすることができません。ですからすでに他社から70万円借り入れの残高がある状態で、さらに消費者金融で50万円を借り入れようとすると総量規制に引っかかるため利用を停止されることがあります。

 

もちろんレイクは銀行カードローンなのでこの規制の対象外です。それでも年収と比較してある程度の借入金額があると銀行カードローンのレイクでも利用が停止されることがありますので借入総額にも注意しましょう。さらに他社借入件数というものも影響があります。

 

借入件数が多ければその分借入金額も比例して高額になるので、借入件数が多すぎると利用がストップされてしまう事があります。レイクでは借入件数が3〜4件以上になると貸付をしてくれなくなる可能性があります。また、自分の属性が変化した時にきちんとレイクに連絡をしていないと、レイク側から利用者の事を信頼できない人とみなされてしまう事があります。

 

例えば、年収の変化がある事や勤務先の変更、住所や連絡先の変更などがあった時にレイクに報告する必要があります。レイクはこうした情報に基づいて貸し付けるかどうか判断していますので、どれかが変更になった場合に限度額や追加融資に影響がある場合があります。基本的にレイクのルールに基づいて利用していれば利用停止になる事はありません。